So-net無料ブログ作成

「砂糖不使用」「微糖」のワナ [食事]

「砂糖不使用」「微糖」のワナ
【スポンサーリンク】


飲み物によく「砂糖不使用」とか「微糖」とか書いてありますよね。
こう書いてあると、ダイエット中に飲んでも問題ないと思いがちですが、
あながちそうでもないんです。

砂糖不使用の記述は、野菜ジュースなどによく書いてあります
。成分表を見ると、確かに砂糖は入ってませんが、
よく見ると「ショ糖」と書かれていることがあります。

ショ糖というのは砂糖の主成分のことで、
おおまかにいうと砂糖みたいなものなんだそうです。
たとえば砂糖が入ってなくても、ショ糖が8g入っていれば、
スティックの砂糖が2本入ってるのと同じことなんだとか。

缶コーヒーでよくある「微糖」。
この「微糖」には、特に明確な基準があるわけじゃないんです。
自社の他のコーヒーと比べて糖分が少なめだったら「微糖」と書けるんです。

その証拠に、微糖と書かれた缶コーヒーには、
スティックの砂糖3本分が入ってることがあります。
これで微糖と書いてあるわけですから、驚きですよね。
【スポンサーリンク】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

大豆のおやつ・きなこ! [食事]

大豆のおやつ・きなこ!
【スポンサーリンク】


ダイエットの強い味方、大豆。

大豆に含まれるビタミンB群は、脂質や糖質の代謝を促進してくれる効果があります。
さらに大豆には良質なたんぱく質が多く含まれていたり、ダイエットにうれしい栄養素がたくさん入ってます。

そんな大豆をおやつとして食べられる方法があります。

それは、きなこです。

きなこは大豆は煎って粉状にしたものなので、いわば大豆そのものです。

黒蜜といっしょに寒天にかけたり、ヨーグルトに加えて食べたりしてもいいです。

大豆パワーでおいしくダイエットしちゃいましょう。
【スポンサーリンク】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かつお節使ってみよう! [食事]

かつお節使ってみよう!
【スポンサーリンク】


かつお節がダイエットに適している食材だということをご存知ですか?

かつお節は、元はかつおですから、青魚に多いヒスチジンというアミノ酸が豊富に含まれています。
ヒスチジンには、食欲を抑制してくれる効果があります。

またかつお節は、筋肉のもととなるたんぱく質が77%を占めていて、
それでいて脂肪分はわずかに3%です。

その他にも、ビタミンB群やミネラルなど、栄養バランスが優れている食品なので、
ちょっとした薬味やだしとして、ぜひ食生活に取り入れたい一品です。
【スポンサーリンク】


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

冷たい飲み物に注意! [食事]

冷たい飲み物に注意!
【スポンサーリンク】


暑くなってくると、自然と冷たい飲み物を飲む機会も増えてきます。

暑くてジメジメしてる時に冷たい飲み物を流し込むのは最高ですが、
飲みすぎはダイエット的にもNGです。

冷たい飲み物を飲みすぎると、身体が冷えてリンパの流れが悪くなります。
老廃物や余分な水分が出て行きにくくなるから、むくみが起こりやすくなります。
むくみを解消するだけで足なんてだいぶスッキリ見えます。

暑い季節になった時こそ、
身体が冷えて代謝が落ちないように気をつけたいものですね。
【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シジミで筋肉アップ! [食事]

シジミで筋肉アップ!
【スポンサーリンク】


シジミを食べると背が伸びるっていう話を聞いたことありますか?

シジミには、オルニチンっていうアミノ酸が豊富に含まれています。
このオルニチンが成長ホルモンの分泌を促進してくれるから、身長が伸びるんだそうです。

でもこのオルニチンには、こんなダイエット効果もあるんです。

実はオルニチンには、筋肉を増やしてくれる効果があります。
筋肉が増えるということは、基礎代謝量(=何もしないでも消費されるカロリー)が増えるってことです。

ちなみに、シジミを砂抜きしてから、一度冷凍保存するとオルニチンの量が一気に4倍に増えるんだそうです。
このオルニチンをきちんと摂取するために、シジミのお味噌汁を飲む時は、
面倒でも一粒一粒身をちゃんと食べるようにしましょうね。

もちろん、シジミを食べたからすぐやせる!なんてことはありません。
長い目で見て、ダイエットにもいい食品ってことです。
ちなみに、ダイエット中に不足しがちなビタミンB12も豊富です。
貧血予防なんかにも効果がありますよ。
【スポンサーリンク】




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

目分量には要注意! [食事]

目分量には要注意!
【スポンサーリンク】



ダイエット中に、自分で食事を作るのはとてもいいことです。
食材や量、味付けを、すべてダイエット仕様にすることができるからです。

ただ、ひとつ気をつけたいのが「目分量」です。

もちろん、料理経験が豊富で、目分量に自信があればそれでもいいんですが、
料理を始めたばかりの人が、目分量で料理をすると、
ダイエット的には危険かもしれません。

たとえ結果的に味付けが良くても、
カロリー計算としてはアバウトになっちゃうからです。

だいたい100gだろうと思っていても

、実際計ってみたら180gもあった!
なんて話はよくあります。
油やソース類もだいたいの量でやっていると
意外とカロリーを摂取してたってことはよくあることです。

せっかくカロリー計算をして、カロリーオーバーしないように気をつけてても
これだとあまり意味がなくなっちゃいます。

面倒でも、自分の目分量が正確になるまでは、
最初のうちはきっちり計って作ったほうが、
ダイエット的にはいいかもしれませんね。
【スポンサーリンク】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

乾物を食べよう! [食事]

乾物を食べよう!
【スポンサーリンク】


乾物とは、乾燥食品のことをいいます。

天日干しをして、水分を抜くことで、
長期保存ができるようにするっていう、
昔の人が開発した食品です。

乾物は、水分が抜けることによって、栄養素が凝縮され、
さらには太陽の光で化学変化が起きて、
栄養価がアップするんだそうです。

乾物の中で、ダイエットにいい食品として有名なのは寒天です。

でも、それ以外にも、切干大根、干しわかめ、高野豆腐、かんぴょう、
ひじきなどの乾物は、すべて低カロリーなうえに、食物繊維、
カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

長く保存が効く食品なので、
食生活に積極的に乾物を
取り入れてみてはどうでしょうか。

【スポンサーリンク】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

おいしいと感じる三大要素 [食事]

おいしいと感じる三大要素
【スポンサーリンク】


↓↓↓↓
ダイエット中でも、おいしいものはついつい食べ過ぎてしまいますが、

そもそも、私たち人間が「おいしい」と感じるのは、どういった食事なんでしょうか?

「おいしい」と感じるのは、甘いもの、油が入っているもの、
やわらかいもの、と言われています。

甘いもの、それは糖質が多く含まれているもの。

油が入っているもの、それは脂質が多く含まれているもの。

やわらかいもの、それは消化吸収が早いもの。

本能的においしいと感じる食事は、実は太りやすいものばかりなんです。

人間は野生の動物と違って、食べ物を自分たちの好きなようにアレンジすることができるので、
気をつけないとあれよあれよという間に、太ってしまうかもしれません。

【スポンサーリンク】



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。