So-net無料ブログ作成
検索選択

たるんでしまった皮膚 [身体]

たるんでしまった皮膚
【スポンサーリンク】


急激なダイエットで、短期間で一気に25kgやせた人。
体重が落ちたはいいものの、お腹の皮が余ってしまって、
やせてるのに皮がビヨ~ンとたるんでる。

これは実際にあった話です。

急激にやせるダイエットは、
リバウンドしやすい、生理が止まる、
摂食障害になる、など、いろんなリスクがあるわけですが、
皮膚がたるんでしまうことも、リスクのひとつといえるでしょう。

脂肪が急激に減っていくと、皮膚がそれに追いつかずに、
皮膚だけが余ってしまいます。一度こうなると、
大掛かりな手術でもしない限り、戻すのは難しいようです。

適正なやせるペースを守って、
適度に筋肉をつけながらのダイエットなら、
こうなる心配はありません。

【スポンサーリンク】



ストレス太りは腹に来る? [身体]

ストレス太りは腹に来る?
【スポンサーリンク】


ストレス太りしやすい人。
ストレスを感じて太っちゃう人は、
コルチゾールというホルモンが多く分泌されるタイプの人です。
脳がストレスを感じると、危険を察知して、
脂肪を蓄える働きを促進するコルチゾールを分泌しちゃうんです。

このコルチゾールというホルモンは、脂肪を蓄える時に、
身体の中心部に蓄えようとする働きがあるんだそうです。

身体の中心部とは、つまりお腹のことです。

【スポンサーリンク】


足や腕の太さはあんまり変わらないのに、
お腹だけが最近急に太ったっていう人は、
もしかしたらストレス太りの可能性があるかもしれません。

お腹につく脂肪は、見た目的に美しくないだけでなく、
糖尿病心臓疾患などの原因になることがあります。

ストレスに心当たりがある人は、
休みの日にでもちゃんとストレスを発散させてあげることが大事です。

ダイエット中の人は、ダイエット自体がストレスの原因にならないように、
あまり厳しすぎるハードルは設けないことです。ダイエットにも休暇日を作って、
その日は好きなものを食べて、運動をお休みしてもいいなど、たまには息抜きすることも、
ダイエットの成功には大切です。
【スポンサーリンク】




あなたの脂肪、何日分? [身体]

あなたの脂肪、何日分?
【スポンサーリンク】


あなたの体内に蓄えられた脂肪。その脂肪で、何日生きられるでしょうか?

あなたの体脂肪の量…で紹介したように、
たとえば体重60kgで体脂肪率28%の人の場合、

60kg×0.28×0.9(脂肪の比重)≒15.1kg

約15kgの脂肪が、体の中にあるということになります。

さらに、脂肪1kgあたりは、約9,000kcalとされているので、

15kg×9000kcal=135,000kcal

を体内に蓄えていることになります。
もちろん、脂肪にはちゃんと役割がありますし、
すべての脂肪が緊急用の備蓄として蓄えられてるわけではありませんが、
仮に単純に計算してみるとして、カロリーをまったく摂取しないで、
この135,000kcalのエネルギーを消費するとしたら、何日かかるんでしょうか。

仮に、1日1800kcalを消費するとしたら、

135,000kcal÷1800kcal≒75日

75日分のエネルギーを蓄えていることになります。
じゃあ何も食べないで75日生きられるのかというと、
そういうわけじゃありませんが、必要以上の、
余分な脂肪があることは間違いないわけです。
【スポンサーリンク】



男から見た肥満基準 [身体]

男から見た肥満基準
【スポンサーリンク】


あなたのまわりに、そんなに太ってないのに「やせなきゃ!」
って言ってる人いませんか?

若い女性は、自分の体型にものすごく敏感になる傾向があって
、太ってないのにダイエットしようとする人が多くいます。

一言で「肥満」っていっても、人によって肥満と感じる基準はまちまちですよね。
たとえば、女性の目から見た肥満の基準と、
男性の目から見た肥満の基準は、だいぶ違うんです。

ある調査によると、女性たちが見て、
70%の人が「この人は肥満だ!」と判断した女性がいます。
その女性を、男性たちに見てもらうと、
なんと30%の人しか「肥満だ」と思わなかったそうです。

細くなりたいと願うのは、当然異性の目を気にするからという理由もあるわけですが、
男性の基準は、女性ほど厳しくないんですね。

男性から見た基準で大事なのは、
ウエストヒップの比率なんだとか。

ヒップの70%~80%ぐらいのウエストサイズであれば、
多少体重が重くても、男性にはきれいに見えるんだそうですよ。
【スポンサーリンク】



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。